ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用

育毛効果が高いとされる成分の「ミノキシジル」を配合した育毛剤は増えてきており、その商品を使用している男性も少なくありません。
ただ、ミノキシジルについては個人によって強い副作用を感じることもあるために、十分な知識が必要とされています。

 

高い効果が期待されるという育毛成分では、「ミノキシジル」もその一つであり、近年国内外においてミノキシジルを配合した様々な育毛剤が多く販売されるようになっています。
しかし、副作用へのリスクが高く、注意しなくてはいけない成分でもあるのです。

 

優れた育毛成分の「ミノキシジル」とは

AGA治療薬として大人気の「ミノキシジル」は、「プロペシア」との併用で高い発毛効果が期待される成分であり、塗布薬と内服薬が販売されています。
とはいえ、ミノキシジル自体は、元々高血圧症の治療薬に用いられる成分であり、利用する患者に多毛症の副作用が多く見られたために、育毛剤へと使用されるようになりました。
つまり、血管拡張によって血流改善を行い、血流が良くなった頭皮へ発毛が必要とする十分な栄養素を毛母細胞に届けやすくし、発毛促進効果を高めるのです。
薄毛・抜け毛に加えて高血圧症の人にとっては、有り難い成分とも言えるでしょう。

 

ミノキシジルの副作用

個人差はありますが、ミノキシジルで発毛の実感となるまでの期間としては、最低でも3ヶ月はかかるとされていて、継続使用が基本になっています。
そのために、元々高血圧症ではない人がミノキシジルを継続使用した場合、低血圧や激しい動悸、他の部位への多毛症、頭皮の痒みなどの副作用が考えられています。
今では、「リアップ」などミノキシジルを含んだ市販の育毛剤もあり、入手も容易ですが、使用により動悸が激しくなるなどの症状が表れた場合、専門医への受診をオススメします。

 

ミノキシジルの副作用を感じやすい人

内服薬のミノキシジルタブレットは、高血圧症の治療薬として認められているものの、育毛薬としては日本で認められておりません。
そのために、血圧値が正常値ではない人、高血圧症や低血圧症の人に副作用が感じやすいと言っていいでしょう。
高血圧症の人にとっては、AGAの治療薬としての内服とはいえ、既に高血圧症の治療薬も内服していることにもなるので、医師から別の高血圧症治療薬を処方された場合、過剰摂取になり危険です。
逆に、低血圧症の人には、血圧がさらに下がりすぎるため要注意。
また、頭皮に傷や湿疹が既にある場合は、ミノキシジルによりその頭皮トラブルをさらに悪化させてしまうことが多いとされています。
そして、血流の状態が原因で引き起こるむくみ症状が出やすい人にも注意が必要です。
ミノキシジル自体が血流への副作用を及ぼすため、むくみをさらに酷くする、体調悪化へと繋がるなどのケースも少なくありません。

 

ミノキシジルの使用には、専門医との相談や自身の体調を十分に知った上で判断するようにしましょう。

 

育毛剤の副作用【要注意!育毛剤の効果を高めるには】

▼長年1位の信頼と実績の育毛剤【お試し】▼

【満足度97%】全額返金保証書付きチャップアップ >>



TOPへ戻る >>育毛剤のおすすめを評価してランキングを作っている【イクモス】

関連ページ

プロペシアの副作用とは【使用前に知っておくべき高リスクの存在】
遺伝や加齢による薄毛・抜け毛の悩みを解消するために、高い効果が期待される育毛剤では、「プロペシア(有効成分フィナステリド)」もその一つであり、利用者も増えてきています。ただ、その高い効果の裏には、様々な副作用における高リスクの存在も忘れてはいけませんね。