プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

遺伝や加齢による薄毛・抜け毛の悩みを解消するために、高い効果が期待される育毛剤では、「プロペシア(有効成分フィナステリド)」もその一つであり、利用者も増えてきています。
ただ、その高い効果の裏には、様々な副作用における高リスクの存在も忘れてはいけませんね。

 

「プロペシア」は、AGA治療薬として高い効果と安全性で知られる内服タイプの育毛剤ですが、主成分である「フィナステリド」は、元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたもの。
育毛成分としての有効性が認められたため、AGA治療薬として使用されるようになったものです。
そのメカニズムは、AGAの原因とされる男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成に関わる5αリダクターゼの阻害に作用し、DHTの生成抑制効果を高めることにあります。
つまり、発毛効果が期待される治療薬ではないために、AGAの進行をストップさせて、さらに発毛への期待も高めたい人には、「ミノキシジル」を含んだ育毛剤との併用が可能です。
とはいえ、安全性の高さの裏には、使用中での注意や個人によって副作用のリスクが高めであることも忘れてはなりません。

 

併用による副作用

プロペシアによる治療目的は、発毛ではなく、「薄毛・抜け毛をストップさせて現状維持へ」と繋げることにあります。
既に薄毛・抜け毛がかなり進行している人にとっては、同時に発毛への望みにも期待したいところでしょう。
その場合、発毛効果の高さが認められているミノキシジルを併用したアドバンスト治療がオススメです。
ただ、ミノキシジルには、強い副作用の高リスクが伝えられていることもお忘れなく。
副作用が出た場合に、プロペシアによるものとは判断できないことを覚えておきましょう。

 

副作用ではない「初期脱毛」

プロペシアの服用を始めて1ヶ月くらいの間に、抜け毛がさらに増えたかのように感じることがあります。
この現象は「初期脱毛」と呼ばれ、プロペシア服用後すぐから、太く長い毛髪に成長するための正常的なヘアサイクルへと戻る段階で、既に休止期にあった毛髪が抜けることにあるのです。
プロペシア服用前に比べれば、約30〜40%も増えた抜け毛の量に焦りを感じてしまうかもしれませんが、プロペシアによって薄毛状態が現状より悪化することはありません。
初期脱毛は副作用ではなく、順調に作用し始めているということを認識しましょう。
ただし、その経過には、プロペシアが自らの身体に合っているものかどうかの確認も含めて、専門医へのご相談を継続するといいでしょう。

 

AGAに対する治療薬であること

プロペシアとは、AGAの進行を抑制するための医薬品ですから、入手も専門医による処方が必要になります。
ただ、海外から個人輸入でプロペシア系薬品を入手しやすい近年、AGAが原因の薄毛・抜け毛ではない人が使用することも少なくありません。
プロペシア自体、個人によって副作用も報告されている医薬品ですから、まずはAGAであるかどうかの検査を受けることがオススメです。

 

様々な副作用が考えられるプロペシアは、効果の高さほど、副作用の高リスクも考えられるため、入手前にある程度の知識を得るようにしておきましょう。

 

育毛剤の副作用【要注意!育毛剤の効果を高めるには】

▼長年1位の信頼と実績の育毛剤【お試し】▼

【満足度97%】全額返金保証書付きチャップアップ >>



TOPへ戻る >>育毛剤のおすすめを評価してランキングを作っている【イクモス】

関連ページ

ミノキシジルの副作用とは【使用前に知っておくべき知識】
育毛効果が高いとされる成分の「ミノキシジル」を配合した育毛剤は増えてきており、その商品を使用している男性も少なくありません。ただ、ミノキシジルについては個人によって強い副作用を感じることもあるために、十分な知識が必要とされています。