育毛剤 効かない 頭皮

育毛剤が効かない頭皮環境とは

育毛剤を使い始めると、「これでもう大丈夫」、「使用を続けさえすればいい」などという思いが強まり、つい育毛剤に頼りきった生活になることも少なくありません。

 

ただ、覚えておかなくてはいけないどの育毛剤にも共通する知識に、「育毛剤の効果は成分が毛根に浸透してこそ発揮される」ということがあります。

 

では、成分が浸透できるほどの頭皮環境調整のケアを怠っていたとしたらどうでしょう?

 

当然ながら、自分自身の薄毛要因にマッチし、どれほど効き目が強い育毛剤であっても、結局はその効果が実感できないままになってしまうのです。

 

実際のところ、無意識のうちに頭皮環境を悪化させている人は意外と多く、育毛剤が効かない理由を、頼りきってしまっている育毛剤の問題と思い込んでいる人も少なくはないのです。

 

 

様々な要因による頭皮環境の悪化

頭皮は、単なる皮膚とはまた違います。

 

手荒れはハンドクリームなどで潤わせることができますが、頭皮は、発毛・育毛を行う場でもあるため、ただ潤せておけばいいということだけではダメなのです。

 

特に、使用しているシャンプー、食生活や生活習慣の乱れ、紫外線など体内外からの影響による頭皮環境の悪化では、毛根にまで強い影響が及び、育毛どころか発毛も難しくなってしまうことも。

 

そんな状態では、育毛剤の有効成分は浸透しづらく、せっかくの効果もなかなか実感できないことでしょう。

 

 

有効成分を受け付けない頭皮環境

育毛を行う上で、「頭皮の健康状態」が常に正常的であることは絶対条件なのですが、残念ながら薄毛の悩みを持つ人の80%以上に、炎症などといった頭皮トラブルが関係していることがわかっています。

 

例えば、頭皮の状態に合っていないシャンプーを使用している、洗い残しがあるなど、洗髪に問題がある場合では、フケや痒み、皮脂の過剰分泌などのトラブルが起こりやすいとされています。

 

また、市販のシャンプー自体が問題になっていることも多く、中でも合成界面活性剤の害による皮膚の炎症やフケの高リスクは珍しくありません。

 

もちろん、頭皮の清潔感を高めようと、1日に何度も洗髪をする、爪を皮膚に立てて洗髪をするなどの行為も、かえって頭皮を痛めていることにもなっているので要注意。

 

さらに、強い紫外線を長時間浴びてしまうことも、炎症を引き起しかねないのでNGです。

 

外出には帽子を利用するなどして、直射日光を避けるようにしましょう。

 

栄養不足な食事や、乱れた生活習慣によっても頭皮環境はかなり左右されますので、ヘルシー志向の食生活、良質な睡眠、適度な運動などを心がけましょう。

 

 

どれほど高品質の育毛剤であれ、頭皮環境の状態によって有効成分の浸透率は大きく変わってしまいます。

 

育毛剤に頼りきるのではなく、あくまでも育毛剤はサポーターとした規則正しいライフスタイルを努めていきましょう。

 

 

頭皮の硬さに注目!柔軟な頭皮で成分浸透率アップ

頭皮環境では、炎症、フケや痒みだけではなく、頭皮の硬さにも注意をしなくてはいけません。

 

硬すぎる頭皮であれば、どれほど性能が良い育毛剤でも、その有効成分は毛根まで届きにくいとされています。

 

つまり、頭皮の硬さが強まっている人には、まずは柔らかくする必要があるのです。

 

 

育毛剤が効きにくい原因では、「頭皮環境」が実に多いとされています。

 

フケや痒み、皮脂の過剰分泌、炎症、痛みなど、頭皮のトラブルには様々な症状があり、人によってはそのようなトラブルに気づいていないこともあるようです。

 

中でも、鏡でチェックしただけではほぼわからない頭皮環境の悪化症状には、「頭皮の硬さ」が挙げられます。

 

そして、その硬さが育毛剤の成分を浸透させにくくする大きな原因でもあるのです。

 

▼長年1位の信頼と実績の育毛剤【お試し】▼

【満足度97%】全額返金保証書付きチャップアップ >>



TOPへ戻る >>育毛剤のおすすめを評価してランキングを作っている【イクモス】